走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

ツール・ド・内房(中編)

前篇より続く

「えっ?みこさんは僕の前を走っていたはずだよ」

てっちゃんが発したこの言葉に、その場にいた全員が凍りつきました。
なぜなら、その場にみこさんはいなかったからです。

てっちゃんによると、みこさんは、ひざを痛め押し歩きをしていたてっちゃんを気づかい声をかけ、そして先に上っていったという。間違いないという。でも、一本道なのでてっちゃんがみこさんに気付かず追い抜くことは考えられない。急いでみこさんのケータイに電話しても不通だ。全員の脳裏に嫌なイメージが広がった。すぐさま捜索することになったが、ばらばらに動くとケータイも通じないし危険ということで、捜索組と待機組に分かれた。そして僕とK部長で探しに行くことに・・・・
e0089826_12411540.jpg
上ってきた林道を下ります。で、捜索といっても探すところは前方のアスファルト上ではありません。ガードレールのないところから谷に向かって叫んだのです。
お~ぃ!みこさ~~んっ
聞こえるか~いっ!
叫んではみるものの、応答があったらそれはそれで大変なことなので、応答がないことを願いつつどんどん下って行きます。時々立ち止まって、谷底に向かって叫びます。よほどのアクシデントがないかぎり、林道を外れてガードレールのない谷に落ちることなど無いはずだ。そう思いながら先に進むと、みこさんが前からゆっくり走ってきた。あー、なんだ、よかった~。てっちゃんが、どこかで気付かないうちに追い抜いただけなんだ・・・。よかった。よかった。衣服も汚れていないし、落車の形跡はないみたいだ。だが、みこさんの口から発せられたのは驚愕の言葉だった!
すいません、落っこちちゃってて・・・
えぇぇぇ~~~、やっぱりそうだったんだぁ~~~
e0089826_12301251.jpg
現場
事の顛末はこうだったようです。
自分は一番最後を走っていたので、すこしでも遅れを取り戻そうと、上りが緩み下りになったところで加速した。そうしたら目の前にひかれた猫が横たわっていて、驚いてハンドルを切った。そしてバランスを崩し、気づいたら体が逆さまに宙に浮いていた。そして前転し、谷に落ち、大きな木にぶつかって止まった。幸いバックを背負っていたことと、落下したところが草が多かったので体のダメージはなかった。気が動転してしばらく動けなかったが、救助を求めるためにケータイで電話をしたが通じなかった。重い自転車をひき上げるのに時間がかかってしまった。
もう、聞いてるこっちの足が震えました・・・。でも、本当に無事でよかった。

でも、反省だな。自分。25km/h以上速度が上がらないよう注意して走っているつもりだったが、登坂では気を使わず走ってしまい、その結果、遅い人の「気持ちの余裕」を奪ってしまい、事故という最悪に事態になった。サイクリングは焦ったらダメ、無理したらダメと常日頃自分に言い聞かせていたのに・・・。他人にその配慮ができなかった。

ツール・ド・内房一日目は、このようなハプニングがあったものの無事終了。
<後編に続く>


一日目の走行距離:83.02km
一日目の平均速度:16.7km/h
一日目の走行時間:4時間58分
e0089826_149596.jpg
合宿所にて(笑) 夕食はK部長の父上謹製



◎動画もご覧ください


ツール・ド・内房2009
<前編>
<中編>
<後編>

banner_01.gif人気ブログランキング参加中。よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村にもランキング参加中。こちらからもどうぞクリックを。
[PR]
by bicycle_commuter | 2009-07-25 14:19 | ツーリング
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite