走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

信州ツーリング2012夏(2)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
(その1)からの続き
e0089826_2254263.jpg
扉峠への道。県道283号


夏の信州ツーリング、その1からの続きです。
松本を出発して扉峠まで行きました。


8月17日、午前8時、前日に長野から信濃大町まで走った疲れが
たっぷり残った脚で松本駅をスタート。
この日の行程は、松本〜扉峠〜美ヶ原〜武石峠〜松本という予定でした。
しかし、アクシデントによりルートを短縮したツーリングとなりました。

まずは、扉峠までの上り道。
予定していたルートが通行止めのために迂回します。
e0089826_2262740.jpg
赤が予定のルート、黄色が迂回ルート


ゆっくりと薄川にそって扉峠へのルート、県道67号線を進みます。
すると途中、道が分岐するところに巨大な看板が現れました。
どうやら予定していた扉峠へのルートは通行止めのようですが、自転車くらい通れるかもしれないと考え前進します。

牛立というところを過ぎ、扉温泉と三城牧場への分岐まで来ると、「扉温泉より先は通り抜けできません」とあるのであきらめ迂回することに。迂回といってもそれほど距離が伸びるようではなさそうです。
e0089826_2263060.jpg
左へ迂回して、扉峠、ビーナスラインを目指す


さて、本格的なヒルクライムが始まりました。
標高578mスタートで、最高標高1673mまで標高差1095mです。
e0089826_2263219.jpg
10%が続く


斜度の標識はなく、三城牧場までは
GarminEdge800が断続的に10%を超える勾配を表示していました。
e0089826_2264492.jpg
ようやく眺望のよい場所が


扉峠までの道のりはクルマも少なく静かですが、
残念ながら開けた場所が少なく眺望を楽しみながらのヒルクライムではありません。
e0089826_2265344.jpg
さらに10%が続く


三城牧場を過ぎ、相変わらず10%の勾配が続きますが、ところどころ標識が現れてくれるので、あぁ、ここから10%なんだな、と覚悟ができて精神的には楽になります。
e0089826_2265697.jpg
アザレアライン

上り始めて5時間、ようやく扉峠に着きました。補給食を持たずに走っていたのでお腹がペコペコです。峠の茶屋で大休止です。
e0089826_2265946.jpg
扉峠1654m

「今日はこれから落雷があるから、急いで下山した方がいいよ」
山菜そばを食べていると、お店の人とオートバイでツーリングしている人たちとの会話が聞こえてきました。
e0089826_227580.jpg
峠の茶屋からの眺め


雷か、嫌だなぁと思いましたが、空は晴天。
予定通りビーナスライン方面の美ヶ原を目指して走り出します。
美ヶ原は1995mなのであと、300mの上りです。途中、アップダウンがあり脚を削られますw
e0089826_2272422.jpg
左へ。美ヶ原方面へ出発


ところが、少し進むとポツポツと雨が落ちてきました。
やはり、雷雨か。。。

さすがに下り基調で避難場所が多いところならともかく
ここは障害物が無い標高1600mの山の上。しかもも上り基調のアップダウン。
いざという時に、機敏に行動ができないので扉峠に戻ることにしました。

扉峠へ上り返してると、雨粒がだんだん大きくなってきました。これはヤバいです。扉峠にもどり、下り道に入り急いで下山します。慎重に、かつ迅速にダウンヒルします。だいぶ標高がさがり、通行止めの看板があった扉温泉と三城牧場への分岐を過ぎたあたりから雨が激しくなってきました。そして、閃光とともに「ドカーン!」という落雷です。いままで聞いたことも無いくらいの大きな音の落雷で、首をすぼめるほどでした。ハンドルを握っていなかったら耳を塞いでいたことでしょう。しかも閃光後すぐに鳴ってますからすぐ近くに落ちてるかもしれません。落雷と同時に冷たい風もヒュー、と吹いてきました。急いで雨具を着て下山を続けます。雨が激しくなり道は川となりセンターラインも見えなくなります。「ひえーーー」です。
e0089826_2272911.jpg
避難w

町に入り、ガソリンスタンドを見つけたので避難。しばらく雨と落雷が落ち着くまでいさせてもらいました。
e0089826_2273377.jpg
まさに土砂降り

しかし、信州の落雷は凄いですね。ゲリラ豪雨って言うんでしょうかね、初めての体験でした。しばらくして再び走り出し、松本の駅に戻るとなんと晴れていましたw

翌18日は、松本から諏訪湖まで走行。
e0089826_2273891.jpg
松本のマンホールはカラー!


まずは、なだらかな峠道を上り返し、塩尻峠へ。
e0089826_227427.jpg
国道20号を避けて

塩尻峠からは岡谷市となり、長い下り坂。
e0089826_2274869.jpg
塩尻峠1012m


この区間の国道20号線は、幅が広く快適にはしてますが、時々、猛スピードで走るクルマが脇を通過するので恐怖を感じます。さらにトンネルが幾つか続き下り続けると、諏訪湖に着きました。ここには、日本酒の蔵が幾つかありましたので真澄に寄ってみます。お酒は飲めないので、ソフトクリームを頂きました。ついでに、お昼ごはんを食べるところを尋ねてみると、お味噌の蔵でご飯が食べられるとのことなので行ってみました。
e0089826_22175428.jpg
真澄


行ってみると、そこは真澄を作っている宮坂醸造の味噌蔵。真澄を作ってる蔵元は、あの「神州一味噌」も作っていたのです。知らなかったーw
e0089826_22111786.jpg
宮坂醸造


e0089826_22113349.jpg
豚汁定食

お腹がいっぱいになり、もう走ることをやめて輪行することにしました。お風呂にも入りました(真澄で情報を入手済みw)。
e0089826_2213287.jpg
片倉館の仙人風呂


2012年夏の信州ツーリングが終わりました。秋にも行きたいなー。

帰りの電車はもちろんビール付き!
e0089826_2214323.jpg
さよなら信州


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
by bicycle_commuter | 2012-09-04 19:00 | ツーリング
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite