「ほっ」と。キャンペーン

走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

シクロクロスバイク組み付け(4)カンチブレーキ

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
シクロクロスバイク組み付け(3)Fディレイラーからの続き

e0089826_21175352.jpg
CX Cantilever Brakes / Black

このシリーズも4回目。ようやくブレーキの装着まできました(笑




ここまで、は順調にきましたよ。1,2,3と。
(1)クランク
(2)ステム・ハンドル
(3)Fディレイラー

最初に言っておきます。
カンチブレーキの取り付けは、キャリパーブレーキと比べると面倒くさいですw
e0089826_17312243.jpg
上が前 下が後ろ


何がって?

いろいろと細かなパーツが多いんです。
キャリパーブレーキのように、いろいろなパーツがひとつにガチッっとまとまってないのです。
全部バラバラなのですw
そのバラバラなものが組み合わさることで、ブレーキの構造が出来上がるのです。

さぁ、始めてみましょう。
e0089826_21175524.jpg
バラバラなものたち



まずはフォークとフレームに、ブレーキ本体を取り付けることからスタート。
e0089826_21175626.jpg
フロントフォークにフロントブレーキを取り付ける


この作業は、いたって簡単。
e0089826_21175868.jpg
シートステーにリアブレーキを取り付ける


次は、ワイヤー類をブレーキ本体に接続します。
この時、ワイヤーのアウターをカットするのですが、断面がきれいになるように
金ヤスリで削っておきます。結構骨が折れる作業ですが重要です。
そして、アウターの中に潤滑剤もスプレーしておきます。
e0089826_2118020.jpg
断面をきれいに。潤滑剤も注入


ワイヤーのアウターをカットするときは、「Campagnolo」という刻印文字が良い感じの場所に
配置されるようにすることが重要。これは、気にしなければ必要ないけど
気にする場合は、徹底的にレイアウトを考える必要がありますw
e0089826_2118632.jpg
 TESTACH シクロクロスケーブルハンガー フロントアウター受け


さて、いよいよブレーキにワイヤーを接続します。
とりあえず、大雑把に取り付けます。
e0089826_21181558.jpg
カンチブレーキの調整ボルト


ケーブルの取り回しも入念にチェック。
ケーブル長が足りないとあとで大変なことになりますw
e0089826_21181751.jpg
90度以上曲げても引っ張られないように



何となく形になりました。
e0089826_21181993.jpg
フロントブレーキ



リアも形になりました。
ここからは、タイヤを装着して効き具合を調整していきます。

しかし!

ここからすんなり行かないのですね、カンチブレーキ。
このあと、ケーブル、ブレーキシュー台座、「ちどり」と言われるパーツの取り扱いに
四苦八苦して夜が更けていきます。
e0089826_21182196.jpg
リアブレーキ



とにかく左右のバランスを整えるのが難しいのです。裏返せば、左右の引き代がきっちり同じならリムにシューが均等にあたって制動が効くわけです。結局、自分の調整では不安があり、後日、自転車仲間の同僚Kくんに調整してもらうことになりました。そのあたりのレポは、また今度w

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
by bicycle_commuter | 2012-11-23 21:20 | メカニック・メンテナンス
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite