「ほっ」と。キャンペーン

走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

チューブレスタイヤ比較・23Cと25C

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_015146.jpg
わずか18g差

2009年9月にアルテグラのチューブレスホイールを買ってから、チューブレスタイヤを使い続けています。

最初はIRC(井上ゴム)のFomura Proに始まり、
米ヌカから作られる硬質多孔性炭素素材を使ったRBCC、
貫通抵抗の大きなX-Guardベルトで武装したX-Guard、
コストパフォーマンスを意識したROADLITEなどあらゆるIRC製品を使ってみました。

IRCは、どれも抜群の乗り心地と素晴らしいグリップがある製品で大好きでした。
しかし、消耗の早さ、価格の高さゆえ、最近はフランス製のHutchinson(ユッチンソン)を使っています。
今回はそのHutchinsonチューブレスタイヤの比較レポです。

まずは製品紹介。



・Hutchinson - Fusion 3 Tubelessタイヤ(23C)

特長:サーモプラスチック強化トレッドコンパウンドによる耐性アップ
重量: 325g(700x23c)※包材含む
e0089826_0151914.jpg
Hutchinson - Fusion 3 Tubelessタイヤ(23c)




・Hutchinson - Intensive Tubeless タイヤ(25C)

特長:Kevlar-Protechによるパンク防止機能
重量:343g(700x25c)※包材含む
e0089826_0151798.jpg
Hutchinson - Intensive Tubeless タイヤ(25c)




次に、使用した感想。

・Fusion 3(23c)

良い点)空気圧が少し少なめでもよく転がるタイヤでした。グリップも良かったです。
悪い点)週末ライダーなので、次の週末にはスローパンク、という事態が続き憂鬱だった。
2011年12月から使用(1回交換)。

・Intensive (25c)

良い点)Fusion 3同様の乗り心地の良さがあり、耐パンク性能の安心感もあります。
    何より25cにエアボリュームが上がったので、乗り心地がさらにいいです。
    見た目も23cとほとんど変わりないです。
悪い点)ビートがものすごく硬くてハメづらい。
    個体差だと思うが、空気漏れが激しかった(後日詳細アップ予定)
2011年12月から使用




太さを比べるとあまり変わらないような感じです。
e0089826_0152157.jpg
上がIntensive (25c)、下が・Fusion 3(23c)



高さを比べると、若干Intensiveのほうが高いです。
e0089826_0152359.jpg
左がIntensive (25c)、右が・Fusion 3(23c)赤線の幅は同じ


しばらくはIntensive25cで走ります!
e0089826_0233310.jpg


関連記事:チューブレスタイヤ良し悪し

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
by bicycle_commuter | 2012-12-21 23:32 | メカニック・メンテナンス
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite