「ほっ」と。キャンペーン

走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Mavic R-SYS投入!

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_2141982.jpg
2013 Mavic R-SYS


軽量のホイールが欲しくていろいろと物色した中で最有力候補に上がったMavic R-SYS(アールシス)。

・カーボンスポークなので、ロングライドのツーリングで疲れない
・軽量ホイールなのでヒルクライムに向いている

この2点が最近の自分の自転車の乗り方に合っていると思い購入を検討。しかし、R-SYSは高価なのでいきなり購入するのも憚れるので、自転車仲間の利守さんからお借りして試乗してみることに。(利守さん、ありがとうございました)

乗った瞬間の走り出しの軽さ、乾いたようなペダリング感が「いいっ!」と思いました。神奈川の平塚から秦野の里山のアップダウンを40kmほど走ってみて、その乗り心地の良さ、上りの軽さに魅了され購入を即決しました(笑
e0089826_2184928.jpg
利守さんからお借りしたR-SYSで平塚の里山を試走


(重量)

タイヤ無しの重量(ペアの重量)は1,355g
いままで使っていたカンパ・ユーラス2wayよりも150gも軽い!

タイヤ&チューブ付きのフロントホイール重量は874g
タイヤ&チューブ付きのリアホイール重量は1,102g

e0089826_2142816.jpg
フロントホイール : 575g タイヤ付き-WTS: 845g(メーカー発表値)

e0089826_214268.jpg
リアホイール : 780g タイヤ付き-WTS: 1,050g(メーカー発表値)



e0089826_2143128.jpg
Tracomp(トラコンプ)


Tracomp(トラコンプ): 超軽量カーボンファイバースポークは、トラクション(引っ張り)とコンプレッション(突っ張り)の両方の力に作用し、どんな状況でも非常に高い剛性を維持するようです。(メーカーサイトより)
e0089826_2143373.jpg
専用のフロントタイヤ GripLink(グリップリンク)と リヤタイヤ PowerLink(パワーリンク)が付属


また、ホイールセットには以下のタイヤが付属します。
・優れたグリップ力を備えたフロントタイヤ、GripLink(グリップリンク)
・回転抵抗を最小限に抑えるリアタイヤPowerLink(パワーリンク)

e0089826_2143818.jpg
QRM+


ハブにはQRM+という仕組みが用いられています。
QRM+はマヴィック最上級レベルのベアリングシステムで、微調整が可能なシステムとのこと。
カートリッジでベアリングを交換できるようです。
e0089826_214345.jpg
Campagnolo Record 11-27T

今回、ホイールの新調に伴い、スプロケットも11-27Tに変更。
e0089826_2143997.jpg
LITESPEED XICON meets MAVIC R-SYS


これでちょっとは上りが早くなるかな(^^;

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-02-11 22:06 | メカニック・メンテナンス

シクロクロス東京2013観戦

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_20441562.jpg

本日お台場で行われた「シクロクロス東京2013」を観戦してきました。

市民レースやエリートクラスなどのレースが
2日間にわたって行なわれたこのイベントは今年で2回目。
都心に一番近いサイクルイベントということもあり、
最近のシクロクロス人気に伴い、今年も盛況のようでした。

観戦の前に少し走っておきたいと、自転車仲間と軽く荒川CRを流してから昼過ぎにお台場入り。
e0089826_20442666.jpg
荒川CR


会場に到着すると、すぐにWomen’s(L1/L2) のレースが始まりました。
砂地とダート道を30分〜40分走り続けるという、過酷なレースです。
e0089826_20442971.jpg
先頭は豊岡英子選手(パナソニックレディース)

優勝したのは、豊岡英子選手。
女子シクロクロスの王者です。力強い走りでしたね〜
e0089826_20455992.jpg
L1 坂口聖香選手(パナソニックレディース)



次はエリートクラス。海外からの選手も招聘しています。
こちらは、優勝候補のジェレミー・パワーズ選手。カッコ良かったなぁ。
e0089826_2044315.jpg
ジェレミー・パワーズ選手とシクロワイヤードの磯部くん


海外の選手は日本人と体格が違い、長身。サドルの位置が全く違います(笑
e0089826_20443262.jpg
エリート Erik Tonkin選手とBarry WICKS選手(Kona Cyclocross Team)


会場を歩いていると、こんな人に遭遇。
内房RCの茅木さんです。マスターズクラスに出走され、善戦されたようです。
赤いバイクは、RitcheyのSWISS CROSS。内房RCカラーとは反対の色ですね。
なので今度シクロ用にピンクのジャージを作るとかw
e0089826_2046431.jpg
マスターズ茅木選手(内房レーシング)



さて、14時からエリートクラスのレースが始まりました。
こちらは60分間のレース。無補給で走り続けます。
e0089826_20523655.jpg
エリート 竹之内悠選手(コルバ・スペラーノハム


周回コースは狭い公園内に設置されているため、コースが入り組んでいて
砂地や公園内の林間コースを両方観戦することができます。
そのため、選手たちを間近で見られ、
息遣いや機材が発する音までリアルに感じることができます。
e0089826_20523882.jpg
エリート 秋山悟郎選手(GRUPPO ACQUA TAMA)


選手たちの表情は周回を重ねるたびに、疲労のためか歪んでいきます。
e0089826_2046844.jpg
エリート 山本和弘選手(Cannondale ChampionSystem)


2気圧しかエアーを入れていない32Cの太いシクロクロス用のチューブラータイヤが、
ガリガリとダートにグリップしています。
選手たちは皆、バイクのコントロールがうまく転倒するようなことは少ないです。
e0089826_20461014.jpg
竹之内悠選手


5周、6周、7周と周回を重ねると
見ているこちらもどんどんのめり込んでいきます。

そういえば、この人も会場入りしていましたw
e0089826_20461399.jpg
謎のカメラマン K部長



e0089826_20461866.jpg
ジェレミー・パワーズ選手(ラファ・フォーカス)


日本人の竹之内選手とジェレミー・パワーズ選手の接戦が続きましたが
最終周回でジェレミー選手が優位に立ちそのままゴールしました。
シクロクロスレースは、出走はなかなか大変そうですが観戦するのは楽しかったです。
e0089826_20462298.jpg
エリートクラス優勝のジェレミー・パワーズ選手(ラファ・フォーカス)



この人にも会場で会いました。
e0089826_20462519.jpg
新車の赤いビアンキとみどりさん












お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-02-10 22:27 | サイクルイベント
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite