走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かかと故障 京都旅行

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp


軽井沢まで走ったんですよ。先日。まだ記事にしてアップしてませんが。久しぶりのね、センチュリーオーバーのロングライドだったんです、これが。

自分ではそんなに無理して走ったつもりじゃなかったのですが、体はそうでもなかったみたいで、ウィークポイントのアキレス腱が再び痛み出しました。

今回痛くなったのは、アキレス腱というよりかかと。もちろんアキレス腱も痛かったのですが、それ以上にかかとが痛い。日曜に走って、月曜日、火曜日と、日が経つにつれどんどん痛くなって、水曜には歩行もままならなくなってきたので、慈恵医大のスポーツウェルネスクリニックを再び訪れました。

先生曰く、「人は加齢とともに、上の方から衰えていく。最初は上半身の柔軟さが無くなる。次に下半身。股関節の柔軟さがなくなり、足の筋肉も衰えてくると最終的には、あらゆる動きを足首でカバーしようとする。そして、足首に負荷がかかり、アキレス腱やかかとを故障する。スポーツ選手はアキレス腱を故障し始めたら引退を考える。」と。

なるほど。衰えてるのね、僕。いい年して、ヒルクライムとかやってて、知らないうちに足首が悲鳴をあげてたのね。先生に「一応レントゲン撮っときましょう。いちおう」と言われ、撮ったのが下の画像。なんか、踵骨棘(しょうこつきょく)というのが、できてるみたい。普通は、足の底の方にできるようだけど、僕のはアキレス腱側。一度できると無くなることはないようで、痛みは薬物で取り除き自然治癒しかないらしい。
e0089826_23143921.jpg


痛みが取れるまで、しばらく激しい運動は控えることに。
そんな時、職場の旅行で京都に行くことになった。
e0089826_23154737.jpg

e0089826_2316896.jpg


夏の京都。暑くて敬遠されるのか、空いていたのでゆっくりできた。気も紛れたし。
e0089826_231747.jpg

e0089826_23173689.jpg

e0089826_23181754.jpg

今週末に行われる、グルっとまるごと栄村100kmロングライドにエントリーしているけど、出走できるだろうかねぇ。腰も痛くなってきてるし。トホホ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-07-31 23:21 | 雨やオフの日

なめたネジはずし・DEDAスーパーレジェーロ

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp


LOOK 586についていたステム(3T ARX TEAM)の位置をちょっと下げました。
で、ステムを締め付ける時に力がかかり過ぎたのか、ボルトがポキッ。
途中で折れてステム本体に残ってしまいました。
e0089826_2123275.jpg
左が取り出されたボルト残骸


このままでは、1万円以上する3T ARX TEAMがゴミになってしまうと思い、ネジ穴に取り残されたネジを取り出すことに。用意したのは、「なめたネジはずしビット」。新潟県三条市にある兼古製作所製のAnexというブランドのパーツ。ドリル部とネジ部が両端についたビットと呼ばれるパーツが、大きさ違いで3つセットになっています。Amazonでポチしました。

まず、ドリル部で折れたねじ山の断面に穴を開けます。
e0089826_21445657.jpg
真ん中に空けます


次に、開いた穴にネジ部をゆっくり左回転させます。
e0089826_21504323.jpg
右に回転させるとネジは永遠に取れません。


ネジが取れました。
e0089826_21522242.jpg
ポロッと、取れる


以外に簡単に取れたので嬉しくなってしまいました。折れたネジがあったらもっと外したい!と思うパーツでしたw

さて、3T ARX TEAMは再び使えることになったのですが、なぜか超軽量ステムであるDEDAスーパーレジェーロが我が家に届いた。なぜだろう(笑
e0089826_21232179.jpg
左:DEDAスーパーレジェーロ 右:3T ARX TEAM


なんでも、100gを切っているという。。。
Dedaのテクノロジーで誕生した軽量ステム。AL7050アルミニウムを3D鍛造することで、100g以下の重量を実現しています。80-120㎜(10㎜刻み)99g INTERMAXサイトより

e0089826_21233397.jpg
DEDAスーパーレジェーロ


実際に測ってみました。
e0089826_21233949.jpg
おぉ、ホントだ。


e0089826_22224896.jpg
LOOK586に無事装着




人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-07-22 22:13 | メカニック・メンテナンス

大江戸じてんしゃ三昧「秦野・寄 里山ライド」編

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

e0089826_19324773.jpg
小学校跡地

7/7はたくさんの自転車仲間と里山を巡りました。大江戸じてんしゃ三昧「秦野・寄 里山ライド」編。3月の「秦野中井里山ライド」の続編として開催しました。大江戸じてんしゃ三昧についてはこちら
e0089826_21162164.jpg
ルート


今回、連続で企てた「秦野の里山ライド」。なぜ秦野なのか?そんな疑問を持つ人も多いと思います。その答えは、シンプル。この素晴らしい場所をもっとみんなに知って欲しいから。
e0089826_1933215.jpg
里山への入り口


高校生だった3年間を秦野で過ごした僕は、当時、秦野が大っ嫌いでした。山とか川とか自然とか、とにかく興味がなかった。でも月日が流れ、おじさんになった僕は、ロードバイクという道具を手に入れ、頻繁に訪れるようになります。なぜなら秦野には自然がゆたかな里山や峠がたくさんあるからです。東京に住んでそろそろ20年になろうとしていますが、僕はこのごろ毎週、電車に乗って秦野に通っているんですw
e0089826_193354.jpg

さて今回、走行距離50km、獲得する標高が1000mを超えるコースですが、大江戸じてんしゃ三昧シリーズの中で、もっとも運動強度の高いコースとなりました。しかし、前回の里山編に引き続きたくさんの人が参加してくれました。参加者の多くは僕とだいたい同じ年令か年上の人。もちろん若い人もいましたけど。
e0089826_1933814.jpg
茶畑を走る


今回テーマとなっている場所「寄」は、「やどろぎ」と読みます。登山をする人は知っている地名かもしれません。コースについて詳しくは説明しませんが、寄はほんとうに良いところです。
e0089826_19331031.jpg

e0089826_1933122.jpg

早めのランチを「みやま浜膳」でいただきます。人数が多かったので、スタート地点で注文を取り、電話でお伝えしておいたので到着した頃には、テーブルにセットしてありました。僕はカツ丼を注文しましたが、この日は気温が高かったためか、食欲が出ず完食出来ませんでした。ごめんなさい。。(カツ丼の完食率はものすごく低かったですw)
e0089826_1933147.jpg
fukudaさんがタイヤトラブルで離脱。でもすぐに代わりのバイクで合流w



昼食後は、里山の奥へ入っていきます。
ここは、人が作り上げた貴重な自然がある場所。ちょっとお邪魔させてもらいます。
e0089826_19331585.jpg
寄神社の大杉


e0089826_19331694.jpg
開館しているところを見たことがないラジオミュージアムw


e0089826_19331845.jpg
はなじょろ道 意味は現地で見てね


e0089826_19332024.jpg
里山の奥へ!


e0089826_19332315.jpg
お~~い! by 陽ちゃん


e0089826_19332557.jpg
道はけっこうこんな感じ


e0089826_19332713.jpg
にぎやかな尺里峠


kawadaさんご夫妻、sakumaさん、fukudaさんのご案内でとある場所へ。
ここは、小学校の分校があった場所らしく、後者がそのままの形で残されています。
e0089826_19333086.jpg
小学校の校庭あと ちっちゃい



e0089826_19373951.jpg
シオカラトンボ?峠


e0089826_19375661.jpg
可笑しな構図w


いい大人たちが童心に戻ったようにはしゃいでいました。そんな場所でした。
e0089826_22281767.jpg
佐久間先生の青空教室w photo by でっちーさん


ジェラートもいただきました。自家栽培している野菜などを使っているそうで、とても美味しかった。
e0089826_1939762.jpg
岡山の酒粕で作られたジェラート ん?利守酒造か?


e0089826_19392156.jpg
HEALTHY・GELATO



ジェラートの跡は、秦野に戻るために上り返しがあります。これが結構きつい斜度で、猛暑も相まって皆さん悶絶していました。
e0089826_19393694.jpg
飲んでも飲んでも・・・


e0089826_1948525.jpg
悶絶の上り返し photo by 陽ちゃん


ここを上れば、あとは下り坂というところで初参加のyokozawaさんがリタイヤ。そして、渋沢の丘陵地手前で、後ろにいた数名を千切ってしまいました。最後までサポートできなくて残念でしたが、怪我や事故がなくて何より。「秦野・寄 里山ライド」は無事終了。次回は、都内の歴史探訪ポタを企画中です。
e0089826_1948208.jpg
富士見塚


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-07-15 22:41 | 大江戸じてんしゃ三昧シリーズ
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite