「ほっ」と。キャンペーン

走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

ツールド草津2013中止

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

e0089826_20523469.jpg
草津・西の河原温泉


2013年のツールド草津は、雪のため中止となりました。

草津入りする前から、大会が開催される土日は雪か雨と予報されていたので覚悟はしてましたが、いざ中止になってしまうと、この日のために頑張ってきたいろんなことが報われないような感じがしてガッカリな気分に。でもせっかく頑張ってきたことは報われないなんてことはなく、また新たな目標を作ればいいんだ、という気持ちに切り替わっています。今は。

ツールド草津は中止になりましたが、あの素晴らしいコースは無くなったわけでもないので、勝手に自分でタイムトライアルすればいいのです。待ってろよ、白根山!

というわけで、大会前夜はだいぶ気が緩んで飲み会モードに突入w
e0089826_20523725.jpg
酒一筋@ツールド草津



夕食では、わたりさんによる恒例の日本酒の振る舞いがあり、その後は大部屋で宴会w 今年は岡山の蔵元である利守さんも同室になり、お酒も振舞っていただけました♪
大部屋にはチームS.S.Rとpiano pianoに加え、大谷さんが参加しているHaute Route Alpsにチャレンジするチームトーゲ、melody punch、それからチーム酒一筋と自転車乗りが集結して大所帯に!
e0089826_20595523.jpg
お酒はもちろん酒一筋♪


e0089826_210497.jpg
自転車乗りによる大宴会


大会当日。
6時に目が覚めると、隣に寝ていた利守さんから「やはり中止のようです」と告げられる。
自転車に乗ることはなくなりましたが、草津にはおんせんがある。
e0089826_20525690.jpg
草津湯畑

外湯を巡って、新しくオープンした御座の湯にも入り、宿の湯にも浸かって温泉を満喫。
e0089826_20531277.jpg
白旗湯


御座の湯は明治時代まであった共同浴場を再建したもので、2013年4月25日にオープンする。この日はプレオープンということで無料で解放されていた。オープン後は500円の利用料がかかるようだ。
e0089826_20543221.jpg
御座の湯

バスターミナルにも新しく足湯ができていたので入ってみた。ものすごく暑くて足が入れていられないほどで、フランス人の観光客が悶絶していたのが笑えた。
e0089826_20545958.jpg
バスターミナル足湯

梅雨が開けたら計測しに行くかな(^ ^)
e0089826_20552778.jpg
午後から晴れ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-04-24 16:43 | サイクルイベント

ツールド草津2013 出走!

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_0193158.jpg
今年4月10日の志賀草津高原ルート/事務局撮影

今年も出走します!

2008年に初出場してから今回で5回目の出場となるツールド草津。2008年の頃は、サイクルイベントに気軽に出場していたという感じでしたが、チームジャージを着て毎年同じメンバーで同じ宿に泊まるようになってからは、少しづつ記録を意識するようになり、やがてダイエットを始め、最近では、週末には山にお勤めに出かけるようになってしまいました。人間は常に進化する生き物なんですね(笑

さて、ちょっと記録を振り返ってみます(^^
2008年 第13回ツール・ド・草津
e0089826_053971.jpg開催日:2008年4月20日
コース:白根山コース男子Cクラス
年 齢:43歳
体 重:約78kg
タイム:1:05:12.4
平均速度:12.42km/h



2010年 第15回ツール・ド・草津
e0089826_0143265.jpg開催日:2010年4月18日
コース:白根山コース男子Cクラス
年 齢:45歳
体 重:73.5kg(-約4.5kg)
体脂肪:22.7%
タイム:1:03:03.30(-約2分12秒)
平均速度:12.4km/h


2011年 第16回ツール・ド・草津
e0089826_0143422.jpg開催日:2011年4月17日
コース:白根山コース男子Cクラス
年 齢:46歳
体 重:73.0kg(-約0.5kg)
体脂肪:16.0%
タイム:0:56:57.18(-約6分)
平均速度:13.7km/h


2012年 第17回ツール・ド・草津
e0089826_0143590.jpg開催日:2012年4月22日
コース :悪天候のためコース短縮 男子Cクラス
年 齢:47歳
体 重:69.75kg(-約3.25kg)
体脂肪:15.1%
タイム:0:20:13.91(比較できず)
平均速度:14.8km/h


去年の記録が無いのでなんとも言えませんが、今年は2011年の記録を更新したいです。
今年は、体重70kg前後で出走になるのかな。。。
e0089826_0282893.jpg

4月17日の志賀草津高原ルート


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-04-18 00:26 | ヒルクライム

春爛漫♪浅川CRと吉高の大桜

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_21393151.jpg
浅川CR

金曜は休みだったので、大垂水峠へ。
自宅を10時に出て、多摩川CR、浅川CRを経て高尾山入り口についたのは13時頃。
久しぶりにタイムトライアルしてみました。
e0089826_21393294.jpg
大垂水峠

やはり、自分は心拍175bpmに近づくとパフォーマンスが一気に落ち失速することを実感。
2本目は170bpmをキープしながら上ったらダレることなく上ることができました。
【大垂水峠タイムトライアル】
高尾山入り口信号→大垂水峠 16分44秒
小原の郷→大垂水峠 16分58秒
e0089826_22224419.jpg

e0089826_22224676.jpg

土曜は、印旛沼の吉高の大桜を見に行きました。
自宅を5時半に出て、自走で幕張に向かうつもりでしたが、天候がすぐれなかったため
八丁堀から京葉線で輪行。時間を節約するためショートカット。7時半に幕張をスタートして花見川CRで印旛沼、そして、吉高の大桜へ。
e0089826_21393423.jpg
花見川CR

今年も見ることができました、吉高の大桜。
満開を過ぎ、散りはじめていましたが。
e0089826_21393830.jpg
吉高の大桜


e0089826_21394072.jpg
樹齢300年の大木

茶屋で恒例のタケノコご飯とタケノコ汁もいただきました。タケノコご飯はおみやげ用のパックを買って、ひとくち食べてお土産に。
e0089826_21394234.jpg
香ばしい香りのタケノコ汁

なぜなら、今年はうなぎを食べるから♪
e0089826_21394482.jpg
うなぎ処 い志ばし

ふっくらと厚みのある大変美味しいうなぎでございました(^^
e0089826_21394621.jpg
うな丼1750円

うなぎを食べたあとは、成田駅まで走って、輪行して帰京。春爛漫の2日間でした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-04-06 21:55 | ツーリング

Wako'sのBC-2がすごい

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
3月最後の週は桜が咲いているのに生憎の雨模様。
日中はプールで泳いだりしてトレーニングは怠りませんでしたが、
夕方、時間が余ったのでBD-1を洗車しました。
e0089826_19104713.jpg
Wako's BC-2とタクリーノ


最近、ひどい油汚れはこのBC-2を使って洗浄しています。
パッケージにも表示されていますが、「強力に脱脂洗浄」してくれます。
e0089826_19105135.jpg
左がBC-2前、右が洗浄後


今まではスーパジャンボで、汚れを落としていました。スーパージャンボとの違いは以下のとおり。
・引火性が低く、比較的毒性の少ない溶剤を使用した化学洗浄剤
・遅乾性 / ゆっくりと揮発するため、ブラシなどでじっくり汚れを落としたいときに最適

e0089826_19105633.jpg
ドロドロのスプロケットもご覧のとおり


しっかりと脱脂したあとは、タクリーノをチェーンに塗布すれば駆動系がスベスベになります。
e0089826_19105872.jpg
チェーンもチェーンリングもスッキリ


ついでに曇ったトップチューブに磨きをかけました。
#400→#800→#2000→Wakosメタルコンパウンド→Mothers Mag&Aluminum Polish
という工程でピカピカになります♪
e0089826_1911834.jpg
ヤスリの番手を上げてツヤツヤにします


新年度はピッカピカのBirdyで自転車通勤だ。
e0089826_19111018.jpg
鏡♪







人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-03-31 19:21 | メカニック・メンテナンス

落花生というたべもの

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_7415255.jpg

最近凝っています、落花生。特に好きなのが旬の時期に収穫されすぐに茹でて冷凍したもの。これはゆでピーという名で売られています。

もともと平塚で育った自分にとって落花生は馴染み深い食べ物。でも昔から好きだったかといえば、そんなことはなく、むしろ、あんなもの好んで食べるものじゃなくて、他に何も食べるものがない時に食べるもの的な感じでした。事実、子供の頃は、家のお菓子箱にチョコレートやスナック菓子がなく落花生が入っていると、仕方なくあの乾いた殻を破って食べたものです。
e0089826_7422092.jpg

最近、自転車で秦野や中井の里山に出かけることが多くなり(といっても電車を使ってアクセスして最寄りの駅から走り出すわけなのだが)、伊勢原駅や鶴巻温泉駅で補給食を調達する際に、和菓子店などで落花生を良く目にすることが増えたわけなのです。で、まあ試しに買ってみるか。というわけで凍ったゆでピーを購入した次第。

これが、実に美味しいんです。
今まで食べていた落花生、もしくはピーナッツはなんだったんだろう?と思うほどです。
香りが豊かで甘いです。

試してみてください。秦野盆地産のゆでピー。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-03-31 07:40

オフ会「大江戸じてんしゃ三昧・秦野中井里山ライド」

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_21291876.jpg
篠窪の菜の花畑

春分の日の20日は、自転車の仲間たちと秦野・中井の里山を走って来ました。
走ったコースはこちら

10時、集合場所の鶴巻温泉に集まったのはなんと20名(!)。
オフ会・大江戸じてんしゃ三昧は、基本ゆるポタなのに、この日はなぜかチームジャージが多い(^^;
e0089826_2129219.jpg
S.S.RとかメロディーパンチとかBEX ISOYAとか

初参加の人も多かったので、自己紹介などをすませ、いざ出発!
と思ったら、すぐに東名高速道路を越えるために自転車を担いで階段を上がります。
e0089826_21292214.jpg
すぐに、担ぎ!

で次に待っていたのはダート道w
e0089826_21292475.jpg
脚をついたらクリートに泥がつまりますw

ここは昔の古道で、矢倉沢往還と言います。大山みちとも呼ばれていたようです。
e0089826_21534581.jpg
みんな必死w

一瞬R246に出て、旧善波トンネルを通過して、オプションメニューの切通に向かいます。
ここはもれなく激坂と落ち葉ツルツルの刑が待っていますw
e0089826_21292538.jpg
moriさんは足着きなし!

善波峠には「御夜燈」と呼ばれる常夜灯が残されています。その昔、旅人がこの峠を越える時に困らないように、常夜灯が燈されていたのです。まあ、怖かったでしょうね、ここはww
e0089826_21292794.jpg
御夜燈下の切り通し

上ったら降りるわけですが、これが怖い。落ち葉ツルツルにより、鈍い人はもれなく落車します。岡田隊長のジャージに泥がついていたのは内緒w
e0089826_21292860.jpg
karzさん、息子の手前強がってますが、よろよろしてましたw

東田原地区に入り、東田原ふれあい農園で小休止します。
e0089826_21292989.jpg
のどかな田園地帯

ここは産直野菜が売っていたり、お蕎麦屋さんがあったりします。
野菜をかったり、おまんじゅうや焼き芋、秦野産トマトのアイスクリームを食べたりします。
こういうのは、大江戸じてんしゃ三昧では定番の行動w
e0089826_21293067.jpg
蕎麦・東雲の手作りまんじゅう

源実朝の首塚の前も通過(^^;
e0089826_21293146.jpg
枝垂れ桜が綺麗だけど怖いw


里山へ♪
e0089826_21293355.jpg
オフ会・大江戸じてんしゃ三昧、ですよねw

里山ライドなので、のぼったりくだったりが多い。なぜなら山だからw
e0089826_21293499.jpg
桜が惜しかったなぁ


e0089826_22272539.jpg
photo:岡田隊長

突然ですが、ここで皆さんを秦野の渓谷にお連れしました。
e0089826_22273627.jpg
「くずは川ふるさと峡谷」photo:岡田隊長

渓谷を見たあとは、またもや担ぎ。「聞いてないよー」と後ろからノアポンさんの声が・・・。車重18kgのランドナーにはちとキツかったか(^^;;
e0089826_21293677.jpg
渓谷ですから。。お許しを


昼食は、白笹うどん!民家風のお座敷でおでんとうどんをいただきました。
e0089826_21293749.jpg
1本120円。昆布は無料!


e0089826_22331551.jpg
おでんに群がる自転車乗りw

お腹がいっぱいになったあとは、震生湖までヒルクライム。ここで、チコリン、河田さん、福田さん、藤本さんが離脱。
e0089826_21293985.jpg
霞がかかっていて景色は今ひとつ・・・

景色がひらけた所で、停車します。ここは秦野盆地を一望できるポイント。しかしこの日は、いまいち抜けの悪い日で残念。
e0089826_2131034.jpg
菜の花台が見えるはずだったが・・・

e0089826_21304940.jpg
akiraさんと秦野盆地

震生湖から脇道に入り、渋沢方面へ。ここから栃窪とか篠窪などの地名が現れます。そして、渋沢中学校の脇の激坂を上った先の「峠隧道」へ。トンネルの先には、「峠」という字名(あざな)の地区があります。
e0089826_21311049.jpg
神奈中バス・峠バス停


静かな集落でした。
e0089826_21312679.jpg
峠地区

峠地区を抜けたあとは、予定していたルートを外れ富士見塚に行くことに。天気がいまいちだったのになんで行くのかなぁ、と思っていたら、なんとサプライズ!!篠窪地区に菜の花畑があり、菜の花が満開で見頃を迎えていました。
e0089826_21313531.jpg
篠窪の菜の花畑

しばし菜の花畑を鑑賞したあとは、一気に鶴巻温泉への往路を走ります。結構なアップダウンがありますが、ビュンビュン飛ばして走ってしまいました。途中、ikedaくんから「もうちょっとゆっくり行きましょう!」と注意されるほど。
大江戸じてんしゃ三昧なのに・・・。みなさん申し訳ありませんm(_ _)m
e0089826_21371576.jpg
鶴巻温泉

スタート地点の鶴巻温泉駅に戻り、弘法の湯へ。そして、有志で相武台前の双龍で打ち上げをしました。皆さん有難う御座いました。
e0089826_2256431.jpg
白笹うどんにて

走行距離:約50km 獲得標高約1000m
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-03-23 21:32 | 大江戸じてんしゃ三昧シリーズ

河津桜と露天風呂オフ

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
2月23日(土)は、masaさん主催の「河津桜と露天風呂オフ」に行って来ました。
今回で3回目の参加となる、この早咲きの河津桜を見に行くこの恒例イベント。
果たして桜は咲いていたのでしょうか。



ルートはサザンビーチー熱海ー山伏峠ー中伊豆ー天城越えー河津ー下田の予定。参加者はikedaくん、masaさん、karzさん、ゴブリンさん、セバスさん、信ちゃん、D監督、こみゅの8名。お見送りは湘南平練のsudobanさんと柳島から滑川までRUNするKoseさん。



8時に茅ヶ崎サザンCを出発。まっ平らな湘南道路を滑るように西へ走り出します。途中、空が暗くなって予想外の雨が落ちてきたり、ノアポンさんとの遭遇などがありました。小田原あたりから南下が始まり、真鶴を過ぎると陽が戻って来ました。そしてなぜか僕は先頭w
e0089826_2152123.jpg
真鶴の先にある大黒崎から


今回初めましての25歳のD監督にピタッと後ろにつかれ、何となくハイペースで走ってしまい前半で脚を消耗させてしまいますw。聞けばこのD監督という人、自転車で日本一周を成し遂げ、今度、北米を横断するという猛者でした。素直に先に行ってもらえばよかったよ。
e0089826_21521097.jpg
引越ししてた貫一お宮


10時25分 熱海に到着。ここでikedaくんが離脱。
e0089826_21521290.jpg
貫一お宮の背景がスッキリしました


熱海桜はきれいに咲いていました。
e0089826_21521546.jpg
構図が難しい。なぜなら、カメラマンがいっぱいいるからw

伊東マリンパークでのランチをはさんで、次は城ヶ崎桜が咲く場所にも立ち寄りました。が、一輪しか咲いていませんでした(笑 しかたなくその足で城が崎を見物に。
e0089826_21521882.jpg
伊豆らしい紺碧の青!

ついでに城ヶ崎の灯台も登ってみます。
e0089826_21521987.jpg
東伊豆!


それにしても、東伊豆の海岸線のアップダウンはきつい。ヒルクライムなら峠があるので達成感と休憩がありますが、ここのアップダウンは無駄に上っては下るの繰り返し。
e0089826_21522122.jpg
城ヶ崎あたりの細かいアップダウン


前半に使ってしまった脚がだんだん重くなりはじめ、いつしか自分は先頭から最後尾に後退していましたw
e0089826_21522894.jpg
城ヶ崎海岸からみた伊豆稲取


それでもなんとか忍耐力でアップダウンを熟していくと、目的地が近づいて来ました。
e0089826_21523022.jpg
伊豆稲取


今井浜海岸までやって来ました。
ここまで来れば河津もすぐそこ。河津桜への期待が高まります。
e0089826_21523162.jpg
今井浜海岸の桜


14時50分、河津に到着。
e0089826_21523311.jpg
後ろに見えているシルエットは御蔵島


河津桜はちゃんと咲いていました。
みんなは「いまいち」という印象のようでしたが、近づいて見ればしっかりと花びらを開いた色鮮やかな河津桜です。原木は3分咲きというところでした。
e0089826_2152398.jpg
河津桜


e0089826_21524165.jpg
川沿いの桜並木は残念ながら咲いていませんでした


さて、目的の桜を見たあとは温泉です!いつもなら今井浜海岸のサンシップ今井浜に行くのですが、去年閉館してしまったので今年は下田を目指します。でも下田まではまだ20km以上もあり、しかも、もうひと上りあるそうなのです(><
e0089826_21524373.jpg
温泉へゴー!


ぐぐっと85mほど高度を上げます。
たいしたことないはずなのに、きついきつい(笑
e0089826_21545374.jpg
東伊豆道路・縄地手前の絶景


絶景が現れ停車して写真を撮ります。というか、休憩します(笑
絶景に癒され、挫けそうな気持ちをキープ。
e0089826_21551488.jpg
セバスさん@尾ヶ崎手前


尾ヶ崎のピークでも停車。茅ヶ崎を出てから走行距離が120kmを越え、上った高さも1300mを越えみんなも疲れているのか休憩も多くなります。隊長のmasaさんから「ここで上りは終わり、あとは下って白浜の丘のようなところをちょっとだけ越えれば下田」という言葉を聞いて胸をなでおろしました。ほんとうに恐るべしです、伊豆のアップダウン。
e0089826_21552890.jpg
尾ヶ崎案内所


17時35分、下田に到着。茅ヶ崎を出て約8時間24分。平均移動速度はなんと24km/hでした。道理で疲れたわけです。とにもかくにも黒船温泉というホテルの温泉にドボンと入り体を暖めました。
e0089826_215543100.jpg
温泉入浴後


一緒に走ったみなさん、お疲れ様でした〜
またよろしくお願いします!
e0089826_21555994.jpg
黒船前でパチリ

距離:128.52 km
タイム:8:24:51
平均スピード:15.3 km/h
高度上昇値:1,430 m
カロリー:2,953 C
平均気温:8.8 °C

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-03-03 23:17 | ツーリング

秦野・中井・山北町の里山ライド(その2)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
(その1)からの続き

ルートラボで見つけたマップをきっかけに1月と2月は秦野方面をずいぶん走りました。
おかげで、だいぶ道に明るくなりました(^^

さて、(その2)は下の地図の上半分の紹介です。東海大学駅前から反時計回り。
e0089826_0153295.jpg
ビューポイント10 三廻部

スタートは、小田急線の東海大学駅前。まずは南下して東海大学を抜け、金目川の土屋橋に出ます。進路を西に取り、東名高速と小田急線を越えると上大槻に出るので水無川にそってしばらく走ります。秦野駅を越えさらに上流に走ると「平和橋」があるので渡ります。三廻部(みくるべ)です。この辺から風景が里山の感じになっていきます。
e0089826_2224301.jpg
地図をクリックするとGoogleマップに遷移します


三廻部から細かいアップダウンが始まります。「乗馬クラブグレイン神奈川」「太平洋クラブ相模コース」のあたりは狭い林道のような感じですが、クルマの往来があり注意が必要です。しばらくすると茶畑が現れます。
e0089826_0153393.jpg
ビューポイント11 中井の茶畑

茶畑を過ぎると、寄(やどろぎ)です。寄=「やどろぎ」って読めないですよね普通。僕は高校の先輩が寄にいたのでこのあたりのことは少し知っていますが(^^
e0089826_0153589.jpg
ビューポイント12 寄郵便局


寄郵便局からは県道710号線を南下。坂を下る途中を右折すると、今度は「虫沢地域」という静かな集落になります。山の中腹を切り開いて作られた集落は、段々に家が並んで道が狭く、どの家も屋根が銀色に塗られ、どこかスペインの白い村のような感じさえします。

はなじょろ道という名の道路が現れました。謎ですね〜〜
虫沢にはなじょろですよ。もう、宮崎駿の世界ですw
「はなじょろ」の意味はぜひ現地に赴いてお知りくださいませ(^^
e0089826_0153724.jpg
ビューポイント13 はなじょろ道


この虫沢地区で停まったり走ったりしていると腹がへってきた。どうせ里山にはコンビニなど無いだろうからと、買っておいたいなり寿司を茶畑の見晴らしのいい場所で食べる。
e0089826_0153958.jpg
秦野駅前で買ったいなり寿司


いなり寿司を食べながら見た景色はだいたいこんな感じ。まさに里山!
e0089826_015417.jpg
ビューポイント14 虫沢の茶畑


茶畑があるところは日当たりが良くてぽかぽかと暖かい。でもちょっと山の木陰に入ると霜が降りていてとても寒かったです。林道のようなところをしばらく上って行くと、パッと景色が開けます。
e0089826_0154238.jpg
ビューポイント15 尺里峠手間の抜けた場所


さらに上るとピークが現れます。登山道とクロスする場所、尺里峠です。
ハイカーが秦野方面から高松山の方へ歩いていきます。
e0089826_0154497.jpg
ビューポイント16 尺里峠


尺里峠からは山北まで一気に下っていきます。山北からは酒匂川にそってしばらく走ります。そして松田駅を抜け、東名高速を越えたら再び里山道です。ここで(その1)のみかん畑から富士山が見える場所に着きました。
e0089826_0155764.jpg
ビューポイント9 みかん畑から富士山が見える場所


今回は2日に分けて走りましたが、日が長くなる春先なら一日でも十分走りきれる距離だと思います。
距離 : 69.7km
最大標高差 : 520m
平均斜度上り : 5%下り : 4.7%
獲得標高上り : 1264m下り : 1273m
routelabでもルートを見られます。



追記:峠地区

その1で走った県道708号線の篠窪と渋沢のあいだに「峠」という字名の集落があることがわかり後日、再び訪れてみました。
e0089826_0154587.jpg
ビューポイント18 不思議な形の木分岐


地名ではないので、どこを探しても住所表記としての「峠」はありませんでしたが、バス停にその名をようやく発見。
e0089826_0155497.jpg
ビューポイント19 峠バス停


静かな集落でした。
e0089826_0155868.jpg
ビューポイント20 峠 町並み


峠地区から渋沢に抜ける峠隧道。
e0089826_016030.jpg
ビューポイント21 峠隧道





















人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-03-02 19:29 | 里山ライド

Mavic R-SYS投入!

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_2141982.jpg
2013 Mavic R-SYS


軽量のホイールが欲しくていろいろと物色した中で最有力候補に上がったMavic R-SYS(アールシス)。

・カーボンスポークなので、ロングライドのツーリングで疲れない
・軽量ホイールなのでヒルクライムに向いている

この2点が最近の自分の自転車の乗り方に合っていると思い購入を検討。しかし、R-SYSは高価なのでいきなり購入するのも憚れるので、自転車仲間の利守さんからお借りして試乗してみることに。(利守さん、ありがとうございました)

乗った瞬間の走り出しの軽さ、乾いたようなペダリング感が「いいっ!」と思いました。神奈川の平塚から秦野の里山のアップダウンを40kmほど走ってみて、その乗り心地の良さ、上りの軽さに魅了され購入を即決しました(笑
e0089826_2184928.jpg
利守さんからお借りしたR-SYSで平塚の里山を試走


(重量)

タイヤ無しの重量(ペアの重量)は1,355g
いままで使っていたカンパ・ユーラス2wayよりも150gも軽い!

タイヤ&チューブ付きのフロントホイール重量は874g
タイヤ&チューブ付きのリアホイール重量は1,102g

e0089826_2142816.jpg
フロントホイール : 575g タイヤ付き-WTS: 845g(メーカー発表値)

e0089826_214268.jpg
リアホイール : 780g タイヤ付き-WTS: 1,050g(メーカー発表値)



e0089826_2143128.jpg
Tracomp(トラコンプ)


Tracomp(トラコンプ): 超軽量カーボンファイバースポークは、トラクション(引っ張り)とコンプレッション(突っ張り)の両方の力に作用し、どんな状況でも非常に高い剛性を維持するようです。(メーカーサイトより)
e0089826_2143373.jpg
専用のフロントタイヤ GripLink(グリップリンク)と リヤタイヤ PowerLink(パワーリンク)が付属


また、ホイールセットには以下のタイヤが付属します。
・優れたグリップ力を備えたフロントタイヤ、GripLink(グリップリンク)
・回転抵抗を最小限に抑えるリアタイヤPowerLink(パワーリンク)

e0089826_2143818.jpg
QRM+


ハブにはQRM+という仕組みが用いられています。
QRM+はマヴィック最上級レベルのベアリングシステムで、微調整が可能なシステムとのこと。
カートリッジでベアリングを交換できるようです。
e0089826_214345.jpg
Campagnolo Record 11-27T

今回、ホイールの新調に伴い、スプロケットも11-27Tに変更。
e0089826_2143997.jpg
LITESPEED XICON meets MAVIC R-SYS


これでちょっとは上りが早くなるかな(^^;

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-02-11 22:06 | メカニック・メンテナンス

シクロクロス東京2013観戦

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_20441562.jpg

本日お台場で行われた「シクロクロス東京2013」を観戦してきました。

市民レースやエリートクラスなどのレースが
2日間にわたって行なわれたこのイベントは今年で2回目。
都心に一番近いサイクルイベントということもあり、
最近のシクロクロス人気に伴い、今年も盛況のようでした。

観戦の前に少し走っておきたいと、自転車仲間と軽く荒川CRを流してから昼過ぎにお台場入り。
e0089826_20442666.jpg
荒川CR


会場に到着すると、すぐにWomen’s(L1/L2) のレースが始まりました。
砂地とダート道を30分〜40分走り続けるという、過酷なレースです。
e0089826_20442971.jpg
先頭は豊岡英子選手(パナソニックレディース)

優勝したのは、豊岡英子選手。
女子シクロクロスの王者です。力強い走りでしたね〜
e0089826_20455992.jpg
L1 坂口聖香選手(パナソニックレディース)



次はエリートクラス。海外からの選手も招聘しています。
こちらは、優勝候補のジェレミー・パワーズ選手。カッコ良かったなぁ。
e0089826_2044315.jpg
ジェレミー・パワーズ選手とシクロワイヤードの磯部くん


海外の選手は日本人と体格が違い、長身。サドルの位置が全く違います(笑
e0089826_20443262.jpg
エリート Erik Tonkin選手とBarry WICKS選手(Kona Cyclocross Team)


会場を歩いていると、こんな人に遭遇。
内房RCの茅木さんです。マスターズクラスに出走され、善戦されたようです。
赤いバイクは、RitcheyのSWISS CROSS。内房RCカラーとは反対の色ですね。
なので今度シクロ用にピンクのジャージを作るとかw
e0089826_2046431.jpg
マスターズ茅木選手(内房レーシング)



さて、14時からエリートクラスのレースが始まりました。
こちらは60分間のレース。無補給で走り続けます。
e0089826_20523655.jpg
エリート 竹之内悠選手(コルバ・スペラーノハム)


周回コースは狭い公園内に設置されているため、コースが入り組んでいて
砂地や公園内の林間コースを両方観戦することができます。
そのため、選手たちを間近で見られ、
息遣いや機材が発する音までリアルに感じることができます。
e0089826_20523882.jpg
エリート 秋山悟郎選手(GRUPPO ACQUA TAMA)


選手たちの表情は周回を重ねるたびに、疲労のためか歪んでいきます。
e0089826_2046844.jpg
エリート 山本和弘選手(Cannondale ChampionSystem)


2気圧しかエアーを入れていない32Cの太いシクロクロス用のチューブラータイヤが、
ガリガリとダートにグリップしています。
選手たちは皆、バイクのコントロールがうまく転倒するようなことは少ないです。
e0089826_20461014.jpg
竹之内悠選手


5周、6周、7周と周回を重ねると
見ているこちらもどんどんのめり込んでいきます。

そういえば、この人も会場入りしていましたw
e0089826_20461399.jpg
謎のカメラマン K部長



e0089826_20461866.jpg
ジェレミー・パワーズ選手(ラファ・フォーカス)


日本人の竹之内選手とジェレミー・パワーズ選手の接戦が続きましたが
最終周回でジェレミー選手が優位に立ちそのままゴールしました。
シクロクロスレースは、出走はなかなか大変そうですが観戦するのは楽しかったです。
e0089826_20462298.jpg
エリートクラス優勝のジェレミー・パワーズ選手(ラファ・フォーカス)



この人にも会場で会いました。
e0089826_20462519.jpg
新車の赤いビアンキとみどりさん












お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-02-10 22:27 | サイクルイベント
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite