「ほっ」と。キャンペーン

走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

秦野・中井・山北町の里山ライド(その1)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
「秦野・山北町の里山」というコースをルートラボで見つけたので
2週間に分けて実際に走ってみました。
(その1)は、東海大学前から山北の区間。下図の下半分のパート。

クリックするとRouteLabに遷移



下のGoogleMapは、記事中の写真を撮った場所をマークしてあります。
(写真のキャプションと連動しています)
クリックするとGoogleMapに遷移します。
e0089826_22495532.jpg
↑クリックするとGoogleMapに遷移



今年は例年より気温が低く、1月なのに雪が降ったりして山に行くことができない。ならば里山にでも、と思いルートラボを検索して見つけた「秦野・山北の里山コース」。実際に走ってみると、実に素晴らしいコースでした。僕がずっと思い描いていた「平塚や秦野の里山を巡りたい」がすべてかなえられた夢のマップでした。
e0089826_22555935.jpg
ビューポイント1 金目川


スタートは東海大学前駅。ここは僕が高校生の頃は大根と言いましたが、いつの頃かこのような名前の駅になっています。まずは南下して金目川を越えるといきなり20%の劇坂の歓迎を受けます。この坂を越えると、道は里山の様相になります。上吉沢のあたりで進路を西にとります。するとこんな雑木林が現れる。しかしここは道幅が狭くしかも超激坂なのでロードバイクでは上れません。
e0089826_2256218.jpg
ビューポイント2 雑木林

さらに西に進むと、景色が開け富士山が登場!ここはほんとうに平塚ですか?というのどかな景色が広がっていました。
e0089826_2256379.jpg
ビューポイント3 土屋


しばらく眺めの良い里山の道を走ると県道77号線に出ます。ここには七国峠(ななくにとうげ)というバス停がありました。あとで知りましたが、このバス停のうえには、平塚八景である七国峠があるようです。かつて、この峠から甲斐国、上総国、駿河国、伊豆国、安房国、武蔵国、相模国の七国が一望できたことから、この名称がついたとか。
e0089826_2256565.jpg
ビューポイント4 南が丘


気持ちのよいアップダウンがある丘陵地をしばらく走ります。震生湖を過ぎてからは、狭い道路に入っていきます。丘陵地の尾根伝いに走っているので時々景色が開ける。右には秦野の街と丹沢・大山、左手には二宮や相模湾という感じ。
e0089826_2256615.jpg
ビューポイント5 栃窪

栃窪という地名のあたりから
篠窪までは、ずーと細かなアップダウンのある尾根道。あとから知りましたが、この間に峠という地名があります。なんだかそそられる地名です。今度訪れてみたい場所です。篠窪の先に見晴しのよい休憩場がありました。
e0089826_2256717.jpg
ビューポイント6 富士見塚 見晴休憩場

富士見塚は、「源頼朝が、巻狩の往還に馬をとめ、富士山を眺めた」といわれる海抜250メートルの丘。富士浅間神社の分神として「富士山大神」の碑があります。富士見塚ハイキングコースの由来でもあり、ここからとてもきれいな富士山が見え、近くの広場からは箱根連山、相模湾も見渡せます。
e0089826_22235631.jpg
富士見塚 見晴休憩場にある案内板

ここで、持ってきたパンを補給。
まさか翌日に大雪が降るなど想像ができないほど暖かい一日でした。
e0089826_2256947.jpg

富士見塚 見晴休憩場のすぐ下には、矢倉沢往還(やぐらざわおうかん)という名の、古道があった。
e0089826_22561053.jpg
ビューポイント7 矢倉沢往還の入り口

矢倉沢往還は、江戸時代に整備された街道で、江戸赤坂門から相模国、足柄峠を経て駿河国沼津宿を結び、大山への参詣道の一つであることから「大山街道」、「大山道」などとも呼ばれていたそうです。
せっかくなので走ってみようと先に進みましたが、ダート道だったので今回はやめておきました(汗
e0089826_22561126.jpg
ビューポイント8 古道 矢倉沢往還


アスファルトの道路に戻ると、里山の道も終わり。東名高速道路を越え、小田急線の線路をまたぐと松田駅です。
e0089826_22561388.jpg
ビューポイント9 みかん畑と富士山


しばらく酒匂川にそって走ると山北に着きます。その1は山北まで。(その2)へ続く 
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-21 22:59 | 里山ライド

東京大雪

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_2249765.jpg
猿楽ジム前

1月14日(月・祝)、成人式の日に東京に大雪が降りました。
こんな大雪は滅多に降らないと思うので、ブログに写真を残しておこうと思います。

この日は前日の快晴が嘘のように朝から大雪だった。
当然、自転車には乗れないのでジムに行くことにしました。

自宅から代官山までの移動の間で、すでに雪は降り積もっていましたが
トレーニングを終えてジムから出てくると、そこはまさに銀世界!!
e0089826_22491884.jpg
東急トランセバス 猿楽町バス停前


バスで帰ろうにも、道路には車が走っていない。
何処かでつかえているのか。。
渋谷に用事があったので渋谷駅まで歩くことにしました。
e0089826_22491715.jpg
渋谷駅


渋谷駅にいる人たちは、なれない雪のせいで混乱していました。
JRの駅構内も運行状況を知らせるアナウンスがけたたましく続き、人々の気持ちを焦燥させる。
もうちょっと、混乱しないように優しい口調でアナウンスできないものかと、いつも思う。
e0089826_22491355.jpg
渋谷駅ハチ公前交差点


雪でお化粧した山の手線で恵比寿に無事移動できました。
e0089826_2249116.jpg
山の手線 渋谷駅

翌朝は予想通り、あちこちが凍っていました。
今週末は、雪が残っていて走れないかなぁ。
e0089826_22502980.jpg
広尾商店街


お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-18 08:10 | 雨やオフの日

3T ERGO NOVA(カーボンハンドル)交換

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_21363056.jpg
DEDAと3T

去年暮れにDEDA ZERO100から3T ERGONOVAに交換したLITESPEEDのハンドルまわり。
備忘のため比較スペックをアップしておこう。

ハンドル:DEDA ZERO100 420mm
ステム:DEDA ZERO100 100mm
重量:合計399g

e0089826_213628100.jpg
DEDA ZERO100

e0089826_21363513.jpg


ハンドル:3T ERGO NOVA 420mm
ステム:3T Arx Team 80mm
重量:合計302g

e0089826_21363444.jpg
3T ERGO NOVA+3T Arx Team

e0089826_21362466.jpg


交換した感想。

ステム:
短くして良かった。ハンドルが近づくことで、ヒルクライム時に
上体に力が入りやすくなった。ただ、近づき過ぎかも。

ハンドル:
カーボンの効果か、路面の段差の突き上げるような感覚が減った。
下ハンが短くなったので持ちづらくなった。
e0089826_21363793.jpg
DEDAと3T



お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-17 22:26 | メカニック・メンテナンス

伊勢神宮詣2013(DAY2)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
(DAY1)からの続き
e0089826_16233634.jpg
DAY1 小田原→浜松

伊勢神宮詣での一日目は小田原から浜松までの179km。後半はずいぶんと向かい風にいじめられた。浜松の宿で寝るときに「明日の渥美半島は向かい風が吹きませんように」と念じて体を横たえた。。


【5日(土)07:10】浜松スタート
次の朝、浜松の天気は雲が多いものの晴れ!しかも微風。
やった!遠州灘の風が今朝は静かだ!!と思ったのもつかの間、
浜名湖に近づくにつれ風は徐々に強くなっていきました。

コースの紹介)
浜松市内ー浜名湖ー渥美半島(表浜街道)ー伊良湖岬ー(伊勢湾フェリー)ー鳥羽ー伊勢神宮
e0089826_1623389.jpg
DAY2 浜松ー伊勢神宮


【5日(土)07:56】浜名湖到着
浜松市内から国道1号(東海道)に出てほどなくすると、浜名湖に到着。去年は1秒も立ち止まれないほど強風が吹いていて寒かったのですが、今年はちょっと強い程度w バイクを降りてゆっくりと写真を撮ります。
e0089826_16235769.jpg
弁天橋@浜名湖


【5日(土)08:36】渥美半島へ
浜名湖を過ぎ、潮見坂が現れるといよいよ渥美半島です。風が強かったので、東西に長い半島の南側(表浜街道)を走るか、北側(田原街道)を走るか悩みましたが、北西からの風だったので、進路を南にとりました♪
e0089826_1624826.jpg
運命の分かれ道@白須賀交差点


【5日(土)08:51】豊橋
南側の表浜街道は、アップダウンが連続する道。
向かい風と闘いながらの細かいアップダウン。。脚が削られました。
e0089826_16241033.jpg
豊橋市入り

しばらく走ると、田原豊橋サイクリングロードが現れました。このサイクリングロードは、防風林によって風の影響を受けにくいところを走れます。これで、しばらく楽ができる、そう思っていたら、道をロストしてしまいました。このサイクリングロードは何度走っても謎ですw
e0089826_1624124.jpg
田原豊橋サイクリングロード

途中、コンビニで何度か補給しながら前進しますが、風は相変わらず強くてなかなか前に進みません。ここで気持ちが折れると大変なことになるので、刻んでいきます。豊橋の次は田原。田原の先っぽが伊良湖岬。岬にはフェリーが待っている、と。
e0089826_16241310.jpg
渥美半島の菜の花

結局、向かい風が緩むことはありませんでしたが、なんとか岬が見えるところまでやって来ました。ここまで来たら着いたも同然。あとはフェリーで紀伊半島まで運んでもらって、風の無い山道を走れば伊勢神宮だ!
e0089826_1624208.jpg
紀伊半島が見える


【5日(土)12:28】伊良湖岬
渥美半島の最西端、伊良湖岬です。ここから紀伊半島までは伊勢湾フェリーで海上のルートを進みます。乗船券と自転車の運賃の2500円を支払い、暖かい船内に乗り込みます。この船の移動も伊勢詣の旅の醍醐味のひとつです。船の中ではもちろん夢のなか♪
e0089826_1649544.jpg
伊良湖岬


e0089826_16242283.jpg
13:00発 伊勢湾フェリーに乗船


【5日(土)15:08】伊勢神宮
1時間弱の船の旅を終え鳥羽港に到着します。ここからは、静かな山道(県道37号線)で伊勢に向かいます。アップダウンが連続するこの道路は、地元のローディーの練習場所でもあるようです。五十鈴川にぶつかると、いよいよ伊勢神宮です。今年も無事にたどり着くことができました。
e0089826_16242942.jpg
伊勢神宮・内宮


伊勢神宮に行く前にヤマト便の営業所で、衣類をピックアップして着替えます。
そして不要になったヘルメットやウェアを送り返し、身軽になってお伊勢参りです。

距離:114.43 km(うち22kmはフェリー)
タイム:8:37:37
平均スピード:13.3 km/h
高度上昇値:655 m
カロリー:1,956 C
平均気温:5.6 °C
e0089826_16243144.jpg
伊勢神宮・内宮

今年は、先に伊勢入りしていた家族と待ち合わせてお参りをしました。

今年も、事故がなく、怪我のない一年にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-14 16:27 | ツーリング

伊勢神宮詣2013(DAY1)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_21175664.jpg
06:30小田原スタート

今年も恒例となっている伊勢神宮詣をしてきました。1月2日に箱根駅伝オフで、自宅から小田原まで走ったので今回は小田原をスタートとしました。

【4日(金)06:30】小田原駅スタート
この日、小田原の気温は5度。無風。駅前で牛丼を補給し、まぁまぁのコンデションで走り出します。まずは旧道で箱根を越える。三枚橋から上がっていくと気温がグングン下がっていきます。前の晩に雪が降ったようで、木々に雪が積もっていて、その雪が時々ささぁーと落ち、朝日に輝いていました。とても幻想的な景色の中、たった一人でのヒルクライムします。車はほとんど通ってなくて、たまに対向車線から来る車は、路面が凍結しているのでソロソロと運転している。なので、上っているあいだじゅう、あたりは、しんと静まり返っていました。
e0089826_21341415.jpg
何もかも凍ってる

今年の装備は、以下のとおり(伊勢での着替えは、ヤマト便の営業所どめで送った)。
・背中のポケット・・・財布, 携帯電話,
・キャメルバッグ・・・1.0Lのリプレニッシュ, ウインドブレーカー
・サドルバッグ・・・一泊分の着替え, メガネ
・ボトルホルダー1・・・ツール缶(パンク修理キット, エネループ)
・ボトルホルダー2・・・輪行袋

【4日(金)08:33】芦ノ湖到着
スリップしないように、心拍が上がらないように、ゆっくりと旧道を上っていきます。途中、喉が渇いたので、キャメルバックのリプレニッシュを飲もうとしたら、チューブの液体がカチンカチンに凍っていて一口も飲めませんでしたw あとで、ガーミンのログを見てみると気温がマイナス5度。正確ではないでしょうが、零下であったことは確か(^^;;
e0089826_9405791.jpg
08:57 箱根峠手前@芦ノ湖

【4日(金)09:05】箱根峠通過
芦ノ湖についた時には、体が冷えきっていたので、セブンイレブンに避難して、おでん売り場の近くでじっとしてましたw 箱根峠の手前の日陰の部分は、路面が全面的に凍っていて、怖かったです。後続の車には申し訳なかったけど、センターライン近くを走らせてもらいました。
e0089826_2102521.jpg
標高846m@箱根峠

箱根を越えたら、静岡県に突入です。陽のあたる乾いた路面を三島まで下っていきます。箱根は震えるほど寒かったのですが、さすが、太陽光線の恩恵でそれほど寒くなくダウンヒルできました。
e0089826_21343565.jpg
三島へダウンヒル

【4日(金)10:14】沼津
沼津です。ここからは、堤防の上のサイクリングロードのような平らな道が延々と続きます。普段なら西から吹いてくる向かい風に苦しむ区間ですが、この日は、ほぼ無風♪駿河湾は波もなく穏やかでした。地元のローディーもたくさん走っています。脚の合いそうな人を見つけ後をついていきます。ひとりで走っていると退屈な区間ですが、誰かが一緒ならそれも紛れるw
e0089826_21343739.jpg
駿河湾。伊豆半島が見える@沼津


【4日(金)11:25】富士川
富士川で富士山がきれいだったので、バイクと富士山の写真を撮ろうとしていたら、「撮りましょうか?」とジョギング中の人に声をかけられた。せっかくなので、撮ってもらいましたが、なんとも無愛想な表情。寒かったんでしょうかね〜(^^;駿河湾には東西に長い雲が浮かんでいました。上空の風は結構早いみたいで雲がどんどん流れていましたが、地上は平和♪
e0089826_2134411.jpg
富士川と富士山と僕。愛想のない顔w


【4日(金)11:51】由比
朝、小田原で牛丼を食べたきりだったのでお腹が空いてきました。由比で補給を、と考えていましたが、お店に座って食事をする時間はなく、いつもの和菓子屋さんでお菓子を補給することにしました。
e0089826_21344795.jpg
由比到着

しかし、たまご餅は一個しかなくへったお腹には少々足りない。しかたなく由比の街を先に進むと新しい店、Cent Rouseを発見♪ケーキ屋さんです♪♪店内に入るとガラスケースの中に焼き菓子を発見。これならその場で食べられる。初老の男性(おそらく店主さん)が対応してくれました。地元で採れたはちみつで作られたケーキは優しい甘さで美味しかったです。はちみつは季節によって花が違うそうで、この時はアカシアでした。温暖で日当たりの良い由比では蜂蜜も特産なんですね。

【4日(金)12:24】薩た峠
由比を過ぎ、みかんの香りがする坂を上ると駿河湾と富士山を見渡せる眺望の良い場所に出ます。薩た峠です。
e0089826_2122982.jpg
薩た峠

古い街道を抜けると小さな峠があって、天気の良い日には富士山が見える。ここ好きです。ここは伊勢神宮詣の旅の醍醐味のひとつでもありますね。
e0089826_21371949.jpg
薩た峠からの眺望

【4日(金)14:27】宇津ノ谷峠
薩た峠を下り、東海道に戻り、興津、清水、静岡と淡々と走ります。
そして、安倍川を渡ると宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)です。ここは、伊勢神宮詣の旅のハイライトとも言える場所で、近世東海道の交通を知る貴重なものとして2010年に国の史跡にも指定されています。
e0089826_21373462.jpg
宇津ノ谷峠の宿場町

【4日(金)15:41】大井川を渡る
陽がだいぶ傾いたころ大井川に到着しました。大井川を渡ると、金谷ではちょっとしたヒルクライムが待っています。名もない峠(ラブホがあるだけw)へ疲れた体を持ち上げます。
e0089826_21375122.jpg
大井川

【4日(金)16:50】掛川で日没
掛川で日没を迎えました。気温が徐々に下がり、体が冷えてきて疲れた体で走るのが辛くなっていきました。
e0089826_21383653.jpg
掛川で日没

【4日(金)18:33】天竜川到着
気温は2度まで下がっていました。さらに向かい風で体感温度は零下。考えることは早く宿に着いて、温かい風呂に入ってビールを飲むことだけ。19時13分。浜松に到着しました。(DAY2に続く)
e0089826_219094.jpg
気温2度@天竜川

距離:179.33 km タイム:12:29:26 平均スピード:14.4 km/h 高度上昇値:1,607 m カロリー:3,759 C 平均気温:3.8度
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-12 21:39 | ツーリング

2013年 箱根駅伝オフ

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_21111466.jpg
午前6時6分 masaさん登場

2013年も恒例の『箱根駅伝から逃げるオフ』に参加。しかしながら昨年に続いてDNFでした。
昨年は二日酔いによる体調不良が原因。
今年は万全の体調で臨みましたが、湘南の猛烈な向かい風で行く手を阻まれ
箱根に上ることができませんでした。。。

【6:15】 東京駅丸の内ホテル前に集合
e0089826_21111823.jpg
亀の子隊 隊長ノアポンさんによるブリーフィング


今年は、亀の子(先発)隊に入隊。本隊より15分前の
【6:30】にスタート

信号ストップのたびに笑いが絶えない亀の子隊。いいムードで進んでいきます。
e0089826_21114621.jpg
大手町をスタート ノアポンさんと僕 photo by 陽ちゃん


この日、走り出しは無風でしたが、川崎に入った頃から徐々に向かい風になっていった。
ノアポンさん、陽ちゃん、僕で先頭を交代しながら集団を牽いていく。
そんなにペースを上げて走ってないつもりでも、先頭で走ると脚を削られていきます。

【7:58】 横浜駅手前の神奈川署手前で本隊に追いつかれる
e0089826_21532462.jpg
本隊到着


本隊の速さは並じゃありませんでした。ここまで40km/hペースで走ってきたようです。
この後もきっと40km/h巡航だったんでしょう。亀の子隊は1秒も並走できませんでしたww
e0089826_21112972.jpg
本隊に追いぬかれた直後の亀の子隊


ところで、本隊の隊長である主催者のmasaさんの姿が見えない。
ん?とっくに追いぬかれたのかな?
でも他の亀の子隊員に聞くとまだ抜かされていないという。

と、思っていたら戸塚踏切手前の「不動坂」でmasaさん登場!
e0089826_2245797.jpg
本隊より多い?!亀の子隊 隊列 photo by masaさん



e0089826_23463064.jpg
藤沢辻堂太平台7/11で補給ストップ  photo by a-rouさん


戸塚の踏切は迂回し、藤沢を通過し辻堂に入ると、コンビニの駐車場にikedaくんがいました。
僕は思わず叫びました。
「ようこそ!フレッシュな脚の人!!どうぞ先頭をお願いします」って(^_^;)

でもikedaくんは、先行する本隊と一緒に少し走った後らしく、
すでに抜け殻になっていましたwww
e0089826_21121468.jpg
ikedaくん合流。「本隊はよだれを垂らして走ってましたよ」との情報


ikedaくんに先頭を変わってもらうと、程なくして国道134号線、湘南道路に出ました。
ここは、左右を松林で囲われた、平坦でなめらかな道路。
あぁ、これで楽ができる。そう思っていたのにikedaくん、なぜかぐんぐんスピードが上がります。
こちらも調子に乗って追従します。で、ここでも脚を削ってしまいましたorz

すでに湘南は暴風がふき始めていました。
普段なら鼻歌で走る、大磯・二宮の国道1号線が、この日は長い長い上り坂のよう。
前を牽いていてくれたikedaくんに置いていかれ、向かい風と闘いながら進みます。

【11:16】小田原セブンイレブン到着
e0089826_21131289.jpg
ヨッシーさんとmasaさん



小田原まで来れば、あとは箱根を上るだけ。
この日は箱根旧道を走る予定だったので、ゆっくり上ればゴールできる。
そう思っていました、この時点では。

ところが、箱根板橋のあたりからものすごい向かい風が吹いて来ました。
突風のような感じで、巡航速度が20km/hから10km/hまで一気に落ちてしまいます。
あわせて、その向かい風が体温をどんどん奪っていきます。

疲れたし、寒いし、向かい風で前に進まないし、万事休す、でした。

【11:30】走り始めて6時間。箱根風祭でリタイヤしました。
「この猛烈な風では、たとえ最高標高地点に上がれたとしても寒くて凍える」、そう考えるほど弱っていました。
防寒具は持っていたわけなので、気持ちが折れた、というところでしょうか(^^;;
e0089826_2113177.jpg
風祭



e0089826_21132032.jpg
駅伝ランナーはリタイヤなどしない


来年また頑張ります!

e0089826_22511818.jpg

距離:96.90 km
タイム:6:21:33
平均スピード:15.2 km/h
高度上昇値:503 m
カロリー:2,250 C
平均気温:7.7 °C

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
# by bicycle_commuter | 2013-01-07 21:16 | サイクルイベント

2012年の獲得標高は約64,000m

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_4115878.png

BD-1の自転車通勤が正しくカウントできていないのですが
今までの年間走行距離の平均=2000km、として計算してみました。

2012年は、自転車で約64,000メートルも高度を上昇したんですね。

では、勝手にランキングしてみましょう(^^

一日で最も獲得標高値が高かったのは、
「グランフォンド十和田・八甲田2012」でした。2075m!
記事はこちら(前編)(後編)
e0089826_4394512.jpg


続いて、一日で最も長い距離を走ったのは、
「房総半島208km〜サバンナの掟」でした。走行距離208km!
記事は(こちら)
e0089826_437641.jpg


また、ひとつのイベントとして最も長い距離を走ったのは
「直江津集合!2012」でした!
2日に分けて走りましたがその距離、なんと320kmでした。
記事はこちら(前編)(後編)
e0089826_4583048.jpg


最後、今年、最も印象に残ったツーリングは...
「信州ツーリング2012夏」でした!
大望峠と峰方峠、よかったなー。鬼無里という村も素晴らしかった。
ここは、2013年の春に再度訪れる予定です。
記事はこちら(その1)(その2)
e0089826_4454948.jpg

今年は事故や怪我がなく楽しく自転車に乗れてよかったな。

ブログを読んで下さったみなさまありがとうございます。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2012-12-31 23:13 | 走行距離

寒かった!今年最後の自転車通勤

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_8511319.jpg

年の瀬が押し迫った昨日、急ぎの仕事を頼まれ深夜まで仕事をした。
仕事の峠は何とか越えたけど、その後の帰りの自転車通勤が寒くて堪えたなー。

自転車通勤して、かれこれ10年以上経つけれど、今までで一番寒かったと思う!
零下だったな、絶対。

油断してパンツの下にアンダータイツを履くのを忘れたことも失敗だった。
帰宅してすぐに布団の中に飛び込んだけど、体が冷えてなかなか眠れなかったよ。
まだ12月なのにどうなってるんだろう、今年の寒さは(^^;;

今日は旧友との忘年会、明日は仕事納めなので2012年の自転車通勤は昨日が最後。
IFが乗り納めでした♪
e0089826_9295460.jpg
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2012-12-27 08:15 | 自転車通勤

ステムマイナス20mm(3T ERGO NOVAインプレ)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_20574164.jpg
白髭神社

LITESPEED XICONの機材を入れ替えたので、シェイクダウンに行って来ました。

交換したのはハンドルとステム
・ハンドル・・・DEDA ZERO100(420mm)→3T ERGO NOVA(420mm)
・ステム・・・・DEDA ZERO100(100mm)→3T Arx Team(80mm
(機材詳細は後日記事をアップ予定)

ヒルクライム時に、「ハンドルが少し遠いなぁ」と感じていたので
ステムを短くしたい、というのが交換した理由。
で、ついでなのでハンドルもアルミからカーボンに交換しました。
e0089826_20574498.jpg
-20mmとなったハンドルポジション


今日は伊勢原を起点に、日向林道、阿不利林道、浅間山林道、ヤビツ峠と走ってみました。
約50kmの距離で高度上昇値は1,392m。

さて、マイナス20mmのポジションはどうだったでしょうか?
e0089826_20574360.jpg
日向林道からの眺望


グッドでした!
シッティング・・・さらに前乗りの姿勢ができて力を入れやすい
ダンシング・・・・ちょうど手を置きたい位置がハンドルとなり、自然な姿勢をとれる

3Tのカーボンハンドルは小さくて握りやすい。
下ハン部分が少し短い感じではありましたが。。
それにしても、3T ERGO NOVAのカーボンハンドルとステムで約100gの軽量化です。すごいですね。

e0089826_2057471.jpg
ヤビツ峠 いつのまにか英語表記が。。


e0089826_20574826.jpg
ガランとしたヤビツ峠


距離:49.35 km
タイム:4:54:11
平均スピード:10.1 km/h
高度上昇値:1,392 m
カロリー:1,508 C
平均気温:4.2 °C
e0089826_214780.jpg
connect garmin.com



人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2012-12-24 21:17 | ヒルクライム

チューブレスタイヤの憂鬱(シーラント注入)

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_012298.jpg
Huchinson Tubeless Tire / Intensive

さて、前回の投稿で詳しく書いたユッチンソンのチューブレスタイヤ
インテンシブ25cをホイールに取り付けてみました。

Kevlar-Protechによるパンク防止機能、とやらがついているためか非常に硬いビートです。
当然素手だけではハメられずタイヤレバーを使用。
石鹸水をたっぷり塗って「パキパキ」とビートを上げて空気を充填しました。

ところが、一晩でフカフカになるほど盛大にエア漏れする個体でございました。
2本ともorz

まあ、これは想定の範囲。
今回はシーラントなるものを注入してみました!
e0089826_0122770.jpg
シーラントを30cc注入


注入後、全体に行き渡るようにタイヤを回します。
しばらくしたあと空気を充填。しかしエア漏れ〜(泣

憂鬱。。。

e0089826_0122635.jpg

エア漏れ。。


シーラントが固まるまで時間がかかるようなので、放置して様子を見ることに。
e0089826_020972.jpg
絶好調!


翌朝、タイヤに空気を充填して仕事に出かけ、よるタイヤ圧をたしかめると、
抜けてません。カッチカッチです!
憂鬱が解消しました。シーラント恐るべし♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
# by bicycle_commuter | 2012-12-23 18:07 | メカニック・メンテナンス
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite