走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤

bd1tsukin.exblog.jp ブログトップ

タグ:秦野 ( 2 ) タグの人気記事

大江戸じてんしゃ三昧「秦野・寄 里山ライド」編

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

e0089826_19324773.jpg
小学校跡地

7/7はたくさんの自転車仲間と里山を巡りました。大江戸じてんしゃ三昧「秦野・寄 里山ライド」編。3月の「秦野中井里山ライド」の続編として開催しました。大江戸じてんしゃ三昧についてはこちら
e0089826_21162164.jpg
ルート


今回、連続で企てた「秦野の里山ライド」。なぜ秦野なのか?そんな疑問を持つ人も多いと思います。その答えは、シンプル。この素晴らしい場所をもっとみんなに知って欲しいから。
e0089826_1933215.jpg
里山への入り口


高校生だった3年間を秦野で過ごした僕は、当時、秦野が大っ嫌いでした。山とか川とか自然とか、とにかく興味がなかった。でも月日が流れ、おじさんになった僕は、ロードバイクという道具を手に入れ、頻繁に訪れるようになります。なぜなら秦野には自然がゆたかな里山や峠がたくさんあるからです。東京に住んでそろそろ20年になろうとしていますが、僕はこのごろ毎週、電車に乗って秦野に通っているんですw
e0089826_193354.jpg

さて今回、走行距離50km、獲得する標高が1000mを超えるコースですが、大江戸じてんしゃ三昧シリーズの中で、もっとも運動強度の高いコースとなりました。しかし、前回の里山編に引き続きたくさんの人が参加してくれました。参加者の多くは僕とだいたい同じ年令か年上の人。もちろん若い人もいましたけど。
e0089826_1933814.jpg
茶畑を走る


今回テーマとなっている場所「寄」は、「やどろぎ」と読みます。登山をする人は知っている地名かもしれません。コースについて詳しくは説明しませんが、寄はほんとうに良いところです。
e0089826_19331031.jpg

e0089826_1933122.jpg

早めのランチを「みやま浜膳」でいただきます。人数が多かったので、スタート地点で注文を取り、電話でお伝えしておいたので到着した頃には、テーブルにセットしてありました。僕はカツ丼を注文しましたが、この日は気温が高かったためか、食欲が出ず完食出来ませんでした。ごめんなさい。。(カツ丼の完食率はものすごく低かったですw)
e0089826_1933147.jpg
fukudaさんがタイヤトラブルで離脱。でもすぐに代わりのバイクで合流w



昼食後は、里山の奥へ入っていきます。
ここは、人が作り上げた貴重な自然がある場所。ちょっとお邪魔させてもらいます。
e0089826_19331585.jpg
寄神社の大杉


e0089826_19331694.jpg
開館しているところを見たことがないラジオミュージアムw


e0089826_19331845.jpg
はなじょろ道 意味は現地で見てね


e0089826_19332024.jpg
里山の奥へ!


e0089826_19332315.jpg
お~~い! by 陽ちゃん


e0089826_19332557.jpg
道はけっこうこんな感じ


e0089826_19332713.jpg
にぎやかな尺里峠


kawadaさんご夫妻、sakumaさん、fukudaさんのご案内でとある場所へ。
ここは、小学校の分校があった場所らしく、後者がそのままの形で残されています。
e0089826_19333086.jpg
小学校の校庭あと ちっちゃい



e0089826_19373951.jpg
シオカラトンボ?峠


e0089826_19375661.jpg
可笑しな構図w


いい大人たちが童心に戻ったようにはしゃいでいました。そんな場所でした。
e0089826_22281767.jpg
佐久間先生の青空教室w photo by でっちーさん


ジェラートもいただきました。自家栽培している野菜などを使っているそうで、とても美味しかった。
e0089826_1939762.jpg
岡山の酒粕で作られたジェラート ん?利守酒造か?


e0089826_19392156.jpg
HEALTHY・GELATO



ジェラートの跡は、秦野に戻るために上り返しがあります。これが結構きつい斜度で、猛暑も相まって皆さん悶絶していました。
e0089826_19393694.jpg
飲んでも飲んでも・・・


e0089826_1948525.jpg
悶絶の上り返し photo by 陽ちゃん


ここを上れば、あとは下り坂というところで初参加のyokozawaさんがリタイヤ。そして、渋沢の丘陵地手前で、後ろにいた数名を千切ってしまいました。最後までサポートできなくて残念でしたが、怪我や事故がなくて何より。「秦野・寄 里山ライド」は無事終了。次回は、都内の歴史探訪ポタを企画中です。
e0089826_1948208.jpg
富士見塚


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。

[PR]
by bicycle_commuter | 2013-07-15 22:41 | 大江戸じてんしゃ三昧シリーズ

30年ぶりの再会〜秦野高校同窓会

お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp
e0089826_0295193.jpg
130人が集まった!photo by shusaku yanagawa

先月30日の土曜日は、高校の同窓会だった。
ほぼ30年ぶりに同級生たちに会いました。

この日、横浜駅東口にあるヨコハマプラザホテルに集まったのは130名。
数人の発起人の呼びかけで、よくここまで集まったものです。

僕の高校生時代は、勉強もできなかったし(かなり劣等生だったw)、
そんなに友だちも多くなく、またいろんなものに反抗してたせいで、暗い高校生活だった記憶しかない。
そして3年生の時のクラスが男ばかりだったせいで、学校行事等の楽しい思い出もなかった気がする。

そんなわけで、招待状が届いたときには正直、参加するつもりはなかった。

でも今年の2月ごろ、秦野高校の水泳部の先輩が亡くなるということがあって
お葬式に出席したのだが、式後、当時の水泳部員が集まりいろんな話をした。
その時、「そうか、僕にもこんなに親しくしてた友達や仲間がいたんだ」と思い出し参加を決めました。
そして、お葬式から帰った夜にフェイスブックに「秦野高校同窓会」のページを作りました。

フェイスブック・ページには続々と卒業生たちが集まり
インターネットの中で懐かしい出会いや交流が生まれました。
同窓会の前にオフ会まで開催されるほど盛り上がっていました。
毎日のように誰かが誰かとコメントを交わしていました。

僕は、このムーブメントを何かの形にしたくて
みんながフェイスブックに寄せてくれた当時の写真を1本のムービーにすることにしました。

そして、そのムービーは同窓会当日のあさ完成し、
会場でみんなに観てもらうことができました。

プロジェクターで映しだされた画面を見るみんなの真剣な顔を見渡したとき
そこに集まった130人の仲間たちの気持ちがひとつになってる、って思いました。

Keep in Touch!
また会いたいな!
e0089826_23275825.jpg
130人の気持ちがひとつになった!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに復帰してみました。よろしければクリックお願いします。
お知らせ:ブログを引っ越しました。じてんしゃ三昧 jitenshazanmai.jp

[PR]
by bicycle_commuter | 2012-07-04 00:19 | 雨やオフの日
line

写真で綴る恵比寿ー銀座の自転車通勤。 週末はロードバイクでツーリングも。


by bicycle_commuter
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite